2016-2017 女子スキージャンプワールドカップ 大会日程

f0104004_1844555.jpg

FISはメキシコ・カンクンにて開催された本会議で、2016-2017のサマージャンプ
及び冬のワールドカップの日程を正式に決定した。
前シーズンは仮日程と正式日程に大きな違いがなかったように記憶しているが、
今シーズンは4月にFISの小委員会によって仮発表された日程とかなり変わって
きている。

まず、1月7-8日で予定された翌年のオリンピックのプレ大会でもある
ピョンチャンの大会が、オリンピックの時期である2月15-16日に変更された。
選手たちはオリンピックと同じ時期にピョンチャンで経験ができる。
ただし、2月12日にスロベニアのリュブノの大会を終えて2月15日のピョンチャン
での大会、その1週間後にフィンランド、ラハティの世界選手権ははかなり
ハードである。

それから、大会終了予定は3月18-19日 ドイツ・オーベルシュトドルフ大会で
あったが、1月7ー8日と繰り上がり(それもLH)、3月11日のオスロ ホルメン
コーレンの大会で終わる。
多くのジャンパーが憧れるホルメンコーレンでのラージヒルが最終戦となれば、
お祭り的な華やかな感じになるに違いない。

ワールドカップが早めに終わることによって、ワールドカップ出場の美翔女
(日本女子ジャンパー)たちが大倉山で開催される伊藤杯ファイナルに出場する
可能性が高い。私個人的には、それが何よりもうれしく、楽しみである。

=女子スキージャンプワールドカップ+世界選手権日程=
2016.12.02 リレハンメル(NOR) HS100
2016.12.03 リレハンメル(NOR) HS100
2016.12.10 ニジニ・タギル(RUS) HS100
2016.12.11 ニジニ・タギル(RUS) HS100
2017.01.07 オーベルシュトドルフ(GER) LH
2017.01.08 オーベルシュトドルフ(GER) LH
2017.01.14 札幌(JPN) HS100 観戦される方はこちらを参考にしてください。
2017.01.15 札幌(JPN) HS100
札幌市長様、札幌スキー連盟の皆様、宮の森の女子トイレの改善を
お願い致します。
2017.01.20 蔵王(JPN) HS106 観戦される方はこちらを参考にしてください。
2017.01.21 蔵王(JPN) HS106
2017.01.28 ルシュノヴ(ROU) HS100
2017.01.29 ルシュノヴ (ROU) HS100
2017.02.04 ヒンツエンバッハ(AUT) HS94
2017.02.05 ヒンツエンバッハ(AUT) HS94

2017.02.11 リュブノ(SLO) HS95
2017.02.12 リュブノ(SLO) HS95
翌週のピョンチャン大会と翌々週の世界選手権の準備のために
高梨沙羅選手、伊藤有希選手、勢藤優花選手は欠場とのことです。
2年前の世界選手権の前の大会で、ドイツのフォクトとアルトハウスが
欠場し、フォクトは個人と団体で「金」、アルトハウスが団体で「金」を
とったことから、今回の日本の選択はいい選択ではないかと思います。
岩渕香里選手は出場です。カオリンは世界選手権まで、ハードスケジュール
になると思いますが、しっかりリュブノでポイントをとって、ラハティで、
前回のビックジャンプを再現してくださいね。

2017.02.15 ピョンチャン(KOR) HS109
2017.02.16 ピョンチャン(KOR) HS109

2017.02.24 ノルディックスキー世界選手権個人 ラハティ(FIN)
2017.02.26 ノルディックスキー世界選手権団体 ラハティ(FIN)

2017.03.12 オスロ(NOR) HS134


=女子サマージャンプGrand Prix=
2016.07.16 クールシュヴェル(FRA) HS96
2016.09.10 チャイコフスキー(RUS) HS106
2016.09.11 チャイコフスキー(RUS) HS106
2016.09.17 アルトマイ(KAZ) HS106
2016.09.18 アルトマイ(KAZ) HS106

=女子サマージャンプ コンチネンタル杯=
2016.08.27 オーベルシュトドルフ(GER) HS106
2016.08.28 オーベルシュトドルフ(GER) HS106
2016.09.09 リレハンメル(NOR) HS100
2016.09.09 リレハンメル(NOR) HS100

高梨沙羅選手、伊藤有希選手の大活躍はもちろんだが、勢藤優花選手、
岩渕香里選手の初表彰台も見てみたい!
そして、美翔女4強に続く日本女子選手もぜひ、出てきてほしい。

[PR]
by van__gogh | 2016-04-09 18:44 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://vangogh.exblog.jp/tb/25118918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 菜々 at 2016-04-11 11:21 x
van goghさん、2016-17シーズンのジャンプ日程をありがとうございます!
毎年、こちらを拝見して「ああ、また始まるんだなあ」と、気持ちがあらたになります。
今回はピョンチャンがあるのですね。まあ、それでないと、再来年のオリンピック不安になりますものね。開催できるのかって不安説がまだまだあるようですが、ジャンプ台があるのならできるのでしょう。
2015-16シーズンのことを思い浮かべて「世界選手権はラハティか、あの台でベストジャンプをしたから、いいかも♪」とか「リュブノの台はスロベニア勢以外の選手ほとんどが苦労してたなぁ」とか。個人的には「また蔵王か…毎年悪天候だから、白馬?のほうがいいんじゃないのかな」とか、無責任にも考えてます。でも、蔵王大会は、何回も見ては、楽しんでいます。選手と関係者と観客の皆様には大変だったと思いますが、解説でのよもやま情報がてんこもりで、普段競技がさくさく進むとでてこないような情報もあって、ファンにはたまらないかも。でも来年は、いいお天気だといいなと思います。
一番の思い出はやはり宮の森大会で、二日間観戦しましたが、さすがにワールドカップとなると、人出が違いますね。帰りのバスへの行列がすごくて、表彰式がおわるやいなや帰らなければならなくて、沙羅ちゃんのスピーチを歩きながら声だけ聞いたのでした。
2016-17シーズンはどんな年になるのでしょうか。沙羅ちゃんだけでなく、有希ちゃんも、選手のみなさん全員の、いいジャンプを、期待して、応援しましょう。それでは♪
Commented by van__gogh at 2016-04-12 22:32
菜々さん、コメントありがとうございます!
まだまだ先のことですが、発表になったので、とりあえず、アップしてしまいました。
そうそう、来シーズンはピヨンチャンがありますね。改修した?する?とか聞きましたが、リュブノと似たジャンプ台ではありませんように…。
今回のワールドカップは毎週テレビ放送があったので、とても楽しめました。
それぞれ記憶がよみがえってくるのですが、ロシアのニジニ・タギル大会で、ロシア人のSaraコールには驚きましたが、うれしかったです。
蔵王大会の1日目、沙羅ちゃんは3回?もスタートの仕切り直しをしたのに、強い精神力で本当にすばらしいと思いました。。。
菜々さんのブログのワールドカップ札幌大会のところ、楽しく読まさせていただきました。
1週間も前からワールドカップの大会のために滞在されているなどなど、バスを待っているところでのお話、思わず笑ってしまいました。
オーストリアチームの皆様のジャンプも見られたんですよね。
うらやましい。役者ぞろい?のオーストリアチームは好感度高いです。でも、日本チームより強くてこまりましたが…。
沙羅ちゃんの総合優勝、有希ちゃんの大倉山バッケンレコード更新、そして
真央ちゃんの最後の笑顔。すごくいいシーズンだったと思います。
2016-2017シーズンも、ジャンプとスケートのお話、いろいろとさせてくださいね。
<< エランがスキージャンプ部門から撤退 きゅうりのキューちゃんレシピで... >>