スラットナーがエランを継承

スロベニア人で、元スキージャンパーであり、現在、スキー板のビンディングを
製造販売しているピーター・スラットナー(Slatnar Carbon社)が、エランを継承することを発表した。

Slatnar Carbon社は以前からスキーブーツの開発も進めており、エランを継承することによって、ビンディング、スキーブーツ、スキー板のすべてを製造・販売することになる。

今回、スロベニアのいくつかの企業の協力もあり、さすがスキージャンプ愛好家の多いスロベニアだけある。

年間の製造予定数は1,000組とのことだが、サマージャンプに合わせてか、5月末には100組ほど出荷される予定だという。

プレヴツ選手と高梨沙羅選手のWC総合優勝の表彰式で輝いていたエランの
スキー板。
この後すぐに撤退を表明したロシア企業の戦略はなかなかのもの…。
電撃的に継承することになったSlatnar Carbon社だが、ニッチ市場ではあるが、何とか生き残る企業であってほしい。
[PR]
by van__gogh | 2016-05-04 10:03 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://vangogh.exblog.jp/tb/25191033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きゅうりのキューちゃんレシピで... エランがスキージャンプ部門から撤退 >>