Grand Prix第1戦 クールシュヴェル(FRA) RESULT

7月16日、フランス・クールシュヴェルで開催されたGrand Prix第1戦は高梨沙羅
選手の圧勝。特に1本目はゲートを他の選手より1ゲート下げて(8)、
ヒルサイズを超える99.5メートルの大ジャンプだった。
沙羅選手はインタビューで、「サマーシーズンでいいスタートがきれてうれしい」
「これから日本での国内戦が続くが、そのための準備をしていきたたい」と語った。
そして伊藤有希選手が3位、岩渕香里選手が5位、勢藤優花選手が10位で、
3人とも2本目で順位を上げての成績である。
有希選手は「今回の大会に完全に満足しているわけではないが、2本目は改善
できたことには満足」とインタビューで応えているように、2本目では飛距離を
伸ばした。
美翔女4強・日本チーム全体が好調で、今季のサマージャンプ大会がスタート
した。

HS96メートル、K:90メートル
1位:高梨沙羅(JPN) 237.4(99.5、90.0)
2位:キアラ・ヘルツル(AUS) 208.6(92.5、88.5)
3位:伊藤有希(JPN) 204.7(86.5、91.5)
4位:イリナ・アバクモワ(RUS) 196.3(88.0、88.5)
5位:岩渕香里(JPN) 191.4(90.5、89.0)
6位:カリーナ・フォクト(GER) 190.0(86.5、80.0)
10位: 勢藤優花(JPN) 185.2(82.5、85.5)

追記:沙羅選手、スキージャンプ板だけではなく、ウェアの色も変えましたね。
[PR]
by van__gogh | 2016-07-16 19:01 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://vangogh.exblog.jp/tb/25453752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 菜々 at 2016-07-17 07:58 x
初戦勝利のお知らせありがとうございます!
嬉しいですね~、沙羅ちゃん1位、ヘルツル選手2位だなんて!!有希ちゃんも表彰台、嬉しすぎる…。
ダニエラは出てないのかな~、と気になりましたが。
沙羅ちゃん、板の変更もものともしない感じですね。よかった~。
板がどうであれ、どんな条件であれ、勝つ強さを、どんどん身につけている様子で、頼もしいです。
今年はどの大会に応援に行けるか、今から楽しみです。札幌で開催される大会全部行きたいところですが、全部は無理なので、とにかく、どーしても行きたい、来年の札幌でのワールドカップは、これだけは絶対なにがあっても行きたいです~。
私にはわからないことですが、女子も、オスロだけでなくて、札幌でも大倉山でワールドカップやってほしいな~と思います。なぜ、ラージヒルが一箇所なのでしょうね~。まだまだ、ラージは怖いという選手が多いのでしょうか。
それと、女子も、団体戦、できたらいいな~、と、夢は広がる一方です。考えてみたら、女子ジャンプは、ソチで初めて五輪競技になったばかりなんですよね。もっと、競技人口が増えたら、団体戦も夢ではないかな?もっとも、今すぐ団体戦ができたら、今優勝するのはオーストリアかなあ、と思いますが。
今年も、沙羅ちゃんをはじめ、有希ちゃんや優花ちゃん、日本の選手のみなさんを応援しましょう♪
Commented by van__gogh at 2016-07-18 00:44
菜々さん
コメントありがとうございます!菜々さんのブログで、菜々さんの小さくてかわいい作品にいつも素敵だな。すばらしいなあ。。。と思って見させていただいております。
サマージャンプ第1戦の表彰台の3人・・・うれしいメンバーですね。ダニエラ意外に、キアラ・ヘルツル選手とエマ・クリネツ選手が今後の沙羅選手と有希選手の脅威になるかも。。。とも思うのですが、大柄が有利と言われるジャンプ界で、かわいい沙羅ちゃんとヘルツル選手お2人が表彰台で並ぶと、「小柄でも強い!」ということがアピールができて、うれしくなってしまいます。
有希ちゃんも昨シーズンは大変だったから、2本目で成績を上げた時、「やった!」とすごく喜んでしまいました。
ダニエラがいなかったことはちょっと寂しかったのですが、ピンケルニッヒ選手は健在でした。日本チームの次はオーストリアチームが好きかも(笑)。
私は秋の大会と冬のファイナルに行けたらいいなぁと思っております。円山公園駅の近くにマンションを買って、大会がなくても大倉山に通うことが夢の夢のですが、無理(笑)。
菜々さんがおっしゃるように、大倉山でも女子のワールドカップ大会をやってほしいです。はるばる欧米からアジアに来てくださっているのですし。。。大倉山は設備が最高。
でも優花選手のようにレベルの高い選手でも以前、「ラージヒルは怖い」と言っていましたし、海外では女子があまりラージヒルを飛ばないと聞いたことがあるので、難しいのかな??
有希ちゃんは小学校6年生で大倉山を飛んだのですが…ね。
それから団体戦もやってほしいです。沙羅ちゃんと有希ちゃんがお互いの成功を喜ぶように、他の競技よりもチーム力がすごくあると思いますし、絶対にいい効果が生まれると思います。
菜々さん、今季もご一緒に応援させてくださいね。
<< 第20回全日本ジュニア&レディ... 優花選手がトレーニングジャンプで好調 >>