<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コンチネンタルカップで美翔女たちが大健闘

8月18日、コンチネンタルカップ オーバーヴィーゼンタール大会で、
3位 御家瀬 恋、5位 丸山 希、8位 鴨田鮎華、22位 五十嵐彩佳と
美少女たちが大健闘
下川ガールズの1人、恋選手の3位は特に喜ばしい。



[PR]
by van__gogh | 2017-08-19 05:59 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(0)

高梨沙羅選手、まさかの失格!!

女子サマージャンプGrand Prix第2戦チェコ・フレンシュタート(Frenstat)大会
の予選で、高梨沙羅選手が最長不倒をとびながら、まさかの失格
スキー板の長さに問題があったようだ。以前、今シーズンは用具にも気を配る
と言っていたが、何か試したのかな?と思ったのだが、どうやら体重が落ちて
しまい、スキーの長さが規定に達していなかったそうだ。
夏だから、冬よりも体重の変化はあるだろうし、ワールドカップやオリンピックで
なくて、よかった。

Official Result

[PR]
by van__gogh | 2017-08-18 20:54 | 高梨沙羅選手 大応援 | Trackback

女子サマージャンプGrand Prix クールシュヴェル大会 結果

女子サマージャンプGrand Prix
2017.08.11 クールシュヴェル(FRA) K90/HS96

オリンピックイヤーの今シーズン、サマージャンプの初戦がフランス、
クールシュヴェルで開催された。
カリーナ・フォクト選手が足のケガのため、欠場というショッキングなニュース
があり、沙羅選手、有希選手、マーレン・ルンビュ選手の争いになると思われ
たが、優勝したのはドイツのカタリナ・アルトハウス選手であった。

彼女が1本目、95メートルの大ジャンプを飛び、テレマークまで決めてしまった
ので、ゲートが1段下がる。
そのことをうけて、沙羅選手、有希選手、マーレン・ルンビュ選手が距離を伸ばせ
なかったことが勝敗の大きな原因。
それと、以前、ドイツのコーチが「アルトハウスはテレマークが上手い」と言って
いたが、この距離をとんで、高い飛型点がとれたのは、今後の日本選手にとって
ライバルの1人となる可能性が高い。

沙羅選手は1本目5位から2本目に1位となり、最終2位と挽回できたものの、
1本目の飛型点がかなり低く、気になる。飛距離を伸ばそうと粘ったため、
テレマークが入れられなかったそうだ。


1位:カタリナ・アルトハウス(GER) 230.8(95.0, 88.5)
2位:高梨沙羅 (JPN) 220.1(89.0, 90)
3位:伊藤有希 (JPN) 219.0(91, 85)
10位:勢藤優花 (JPN) 201.4(87.5, 93)
13位:岩渕香里 (JPN) 198.6(88,93.5)

Official Result

[PR]
by van__gogh | 2017-08-11 09:09 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(0)

大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会 リザルト 

本日は美翔女4強が8/11にフランスで開催される女子サマージャンプ
Grand Prix出場に向けて不在。
沙羅&有希ゲートでなくなるし、上位に入って今度のワールドカップ出場権など
に向けてアピールしたいところ。
下川ガールズにも大活躍してほしかったのだが、学校卒業後も所属先を探し、
ジャンプを続けている選手にもがんばってほしい。
結果はCHINTAIの2人が1位、2位とまさしくCHINTAI DAY。
でも、美咲選手は絶対に優勝したかったはず!!

(松橋亜希選手は現在、所属先を探しています。早く見つかりますように)

1位:小林諭果
2位 : 茂野美咲
3位 : 丸山 希
4位 : 鴨田鮎華
5位 : 松橋亜希
6位 : 勢藤理桜

リザルト

[PR]
by van__gogh | 2017-08-06 16:06 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback

第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会 リザルト

1位:高梨沙羅
1位:伊藤有希
3位:勢藤優花
4位:岩渕香里
5位:岩佐明香
6位:丸山希

リザルト

[PR]
by van__gogh | 2017-08-06 06:58 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback | Comments(2)

第35回札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会 リザルト

まさかのまさかの大会だった。1つ目のまさかは、高梨沙羅選手が1本目、
104メートルを飛び、宮の森ジャンプ台のバッケンレコードを更新したこと。
前回の名寄でもう少し飛距離を伸ばせなかった課題を克服できた
とのコメントだったが、しかし!!こんなに飛んで、アメリカのSarah選手
のように、大ケガをしたら、もともこうもない!!

2つ目のまさかは、2本目、さらにゲートが下がったことや、沙羅選手が
1本目飛びすぎたことを気にしたのか、まさかのK点前の89.5メートル。
K点をいかなかったことで、点数が伸びず、2本とも調整力のあった
有希選手が1位となり、沙羅選手は2位となってしまった。

1位:伊藤有希
2位:高梨沙羅
3位:勢藤優花
4位:岩佐明香
5位:岩渕香里
6位:御家瀬恋

リザルト

[PR]
by van__gogh | 2017-08-04 19:44 | 美翔女 女子スキージャンプ | Trackback